「ユグドラ・ユニオン」

この商品の制作会社……スティングには、
私の知り合いが勤務しています。

ですが、それとは関係なく評価したつもりです。
実際、同社の自社ブランド作品「リヴィエラ」をプレイしていた頃は
知り合いでしたが、同社に勤務していたことは知らなかったのですから。

さて。

GBA用シミュレーションRPG「ユグドラ・ユニオン」をプレイ中、
どうしても先へ進む方法が分からなくなり、
攻略ページを検索しチョイ見するつもりでしたが……驚愕。

「相ッ当ッ長い時間プレイしてるのに、
 クリアーまで、まだ半分いってない!?」

こりゃ、攻略本が1600円+税ってのも分かるわ。

閑話休題。

ユグドラ〜は、私の中で非常に評価が高いです。
その理由は?
ええ、もちろんファミ通でプラチナ殿堂入りしたからじゃありません。

・続編でない
・テーブルデータを増やすことにより長く楽しめるシステムづくりにした
・キャラデザインやドット絵などのグラフィックの統一感
・大人から子供までのプレイヤーが同じような印象を受けるよう配慮された台詞回し

報われなかったハード、ワンダースワンカラーで
発売した前スティング・ブランド作品
「約束の地 リヴィエラ」
発売当時から高い評価を受けていました。
そしてハード衰退、GBA全盛、GBASP発売……。
「惜しいな、GBAで発売したらいいのに」と思ってたら出たわけですね。

リヴィエラも高い評価を受けたわけですから、
続編を出してもおかしくないんですよね。
ところが新作で来た、これは高く評価できることだと思います。

そして、どうしても敷居が高くなりがちな
シミュレーションRPGをうまく作った。

これにより、テーブルデータ……つまり企画が作るような
アイテムのデータであるとかその入手方法などを
追加・変更することにより、一度遊んだだけでは
全てを網羅できない作りにしてあるという点。

ただし、そんな重箱の隅をつつくようなことをしなくても
十分楽しめるよう、チュートリアルモードを設けて
なるべくユーザーがゲームを楽しめるよう心がけた。

よくある「ゲームづくり」の技術なのですが、
プレイするとつくるとでは大違い。たいしたもんです。

このレビューをblogに書いた当時はクリアーしていなかったのですが、
終わらせました。

話が3分の2を越えた頃から、
かなり難しくなってしまうのが残念です。

難しい、つまり作業させられている感が強くなると
ゲームというのは一気に味気なくなってくるものでして
シナリオ的に大きな山場では「話を盛り上げるための勝ち方」を
半ば強制される形になってしまいます。

ここを、もう一捻りして「違う方法」がプレイヤーに
選択できるようになり……それがマルチエンディングに繋がったなら
もっと良かったんですけども。

でも、こういうツッコミを入れること自体が
私の中で高い評価を得ていることの、なによりの証拠なのです。

私はゲームオタクなので、けっこうな数を年にプレイします。
1ヶ月に1本、多くて2本買うことがあります。
でも売ってしまうんですよね。
本当に面白くないソフトは、極端な話でなく3日で売ってしまいますので。

ニンテンドーDSを持っていないという方も、
GBASPなら持ってるぞ! っていう方は試してみてもいいかもしれません。

ただ、あくまでシミュレーションRPGなので、
アクション要素は皆無に近いです。
そこは注意が必要かもしれません。